こんにちは アサカです

前回は歯周病と全身疾患について書き込みましたが、

マタニティーデンタルケアについてです

つわりや、お腹が大きくなると歯磨きがつい適当になりやすく、ホルモンバランスから『妊娠性歯肉炎』になり、

その炎症物質で早産、低胎児出産が起こりやすくなると言われています。

そして!

☆妊娠2ヶ月頃、乳歯の芽ができています!!

☆妊娠3ヶ月頃、もう!永久歯の芽ができています!!!

☆妊娠4ヶ月頃、乳歯が石灰化始まっています!!!!

お腹の中で、赤ちゃんは着々と成長しています!

赤ちゃんは無菌状態で生まれて来て、お母さんの母乳や外部の空気から様々な菌を取り込みます。

離乳食が始まると、大人からの熱い食べ物をフーフーしたり、味見してそのスプーンで食事をあげます。

そこから、ムシ歯菌が赤ちゃんの口に入ります。

お母さんだけでなく、周りの家族の方も歯科検診に行き、治療を行い

新しい家族がむし歯で苦しまなくていい環境作ってあげて下さい♪

いつでも、『検診、クリーニング』の予約承っています。

妊婦の方で神戸市にお住まいの方は、

当院は『神戸市妊婦歯科健診』指定機関になっていますので、

ご予約の上、保険証と母子手帳をお持ちになりお越し下さい。

スライド1