こんにちは、オガワです。

ひな祭りも終わり、春が待ち遠しい時期になりました。

今回は当院でのインプラント治療について少し話を。。。

 

近年インプラント治療について、雑誌やテレビなどでいろいろな報道がされています。

なかには少し誤った報道もあるのではないかと個人的に思います。

 

患者さんと日常臨床の中で、インプラントについて話をしますが、

今までの誤った報道により誤った知識をお持ちの方がおられます。

そこで当院では、正しく理解していただくために、

インプラント治療について画像や動画を使いながら説明させていただきます。

 

インプラント治療を希望の方へは、

1、お口全体、噛み合わせ、骨(歯槽骨)のCT撮影、をおこない診査します。

2、診査したデータをもとにお口全体、噛み合わせ、ならびに骨の状態を診断します。

3、その診断をもとにインプラントの種類や術式の選択をします。

4、患者さんへの最適な治療の提案し、インフォームドコンセントをおこないます。

5、インプラント治療へ移行します。

というのが簡単な流れになっています。

 

また当院での特徴は、

CT撮影した患者さんの骨のデータをもとに

手術前にPC上でインプラントの埋入場所をシュミレーションし、

患者さんの歯や歯肉にぴったりなガイドをオーダーメイドで製作し手術に臨みます。

いわゆるデジタル技術の利用です。

 

『インプラント治療を より安全に より確実におこなう』

ためのものになります。

NobelClinician_iMacReport_2

 

 

img5_imagb009

 

 

 

このような手術前の準備を経て、インプラントの埋入手術を迎えます。

インプラント治療をおこなう患者さんにとって

非常に有益なものであると考えられます。

 

インプラント治療のご相談は

旧居留地歯科までお問い合わせください。