こんにちは、オガワです。

4/15(土)、16(日)に第14回日本顕微鏡歯科学会に参加してきました。

昨年は札幌開催でしたが、今年は東京でした。

IMG_1189

年々参加者も増えてきていまして、今年は600人以上も集まっていたとか。

日本国内だけでなくアジアからの参加者もおられましたので、

英語が飛び交う場面も見られました。

 

今年のプログラムは、

世界を股にかける日本のトップ臨床家の講演が多く、

マイクロスコープを使った治療分野の最先端な内容や

未来に向けた可能性を

大いに感じてきました。

また、

歯科衛生士の参加が例年になく多く感じています。

歯科医師だけでなく歯科衛生士もマイクロスコープを使うと、

歯科の臨床がより良い方向に進むのは間違いないと思います。

 

私が使い始めた10年前とマイクロスコープを取り巻く環境が大いに変わりましたが、

マイクロスコープを使う理由は、

「患者さんへの低侵襲ならびに精密な治療の提供」

ということは普遍であると考えています。

 

これからも旧居留地歯科では、

歯科医師&歯科衛生士がマイクロスコープを駆使して

より低侵襲、より精密な歯科治療を目指していきたいと思います。

 

マイクロスコープをまだ見たことがない人は、

旧居留地歯科まで会いにきてくださいね(笑)