がんばろう 1・17

こんにちは、オガワです。

昨日は、1月17日。

阪神淡路大震災から26年の月日が経ちました。

開業以来Blogでも触れたことがありましたが、今年も少し書いてみたいと思います。

1995年1月17日 5時46分 私は寝ていました。

「ドスン」「ゴーッ」「ガタガタガター」

文字に書くとこのような擬音語になりますが、

今でも頭の中には、

激しい縦や横の揺れ、

家全体の軋む音、

ガラスの割れる音、

などがはっきりと記憶されています。

幸い、私はマンションに住んでいましたので半壊ということでした。

家の中は割れたガラスや置物で足の踏み場は危ない状態、

震度4以上の余震が頻繁に現れました。。。

あのような大きな災害から神戸の街もかなり復興してきました。

三宮の再開発も始まりつつあります。

 

「あの日」から何を学んだのか?

各々色々と考えることはあると思いますが、

「あの震災」を語り継ぐことも重要であると思います。

語りつぐことで防災意識は高まります。

あらゆる備えを積極的におこなう必要が出てきます。

 

現在は新型コロナウイルス問題の報道の毎日ですが、

大変だった26年前を思い出してみてください。

一人の神戸市民として「阪神淡路大震災」から改めて学んでいきたいと思います。

 

旧居留地歯科

078−325−0222

神戸市中央区明石町31−1 TESTA神戸旧居留地3階

Follow me!

前の記事

成人式

次の記事

歯の隙間を治したい