歯科にいつから行っていいのか?

おはようございます、オガワです。

今朝、通勤途中に学生さんを多くみました、

6月1日から神戸市立の学校園が再開されたようです。

通常授業の再開は半ば過ぎからとのことですが、

学生さん達の明るい笑顔に何かこちらまで微笑んでしまいます。

さて、この新型コロナウイルス問題で

「かかりつけ歯科医院」へ足が遠のいていた患者さんが多くいられると思います。

中でも、「痛くないので定期検診を延期している方」からのお電話をいくつか受けます。

日本歯科医師会のスタンスとしては、

以下の文章で表しています。

詳しいPDF版は
https://www.jda.or.jp/publicity/newspaper/index.html#ns20200501

簡単に言いますと、

患者さんの口腔内は個々により全く違いますので、

痛みのある場合は、早めに受診をしてもらい、

定期検診に行こうか悩まれている場合は、一度「かかりつけ歯科医院」に相談してください。

ということです。

口腔内の清掃状態が良い人は、

インフルエンザウイルスにかかりにくいとのデータもありますので

口腔内のメインテナンスは非常に重要であると考えています。

旧居留地歯科でも感染拡大予防をおこない、

患者さんを迎い入れる準備を毎日していますので

ご安心ください。

ただし、発熱や咳などの症状が続いている場合は、先に保健所にご相談してください。

 

このBlogを読んでられる方の中で、

歯科医院への通院が延期されている方がおられましたら

一度、歯科医院までご確認することをお勧めいたします。

 

旧居留地歯科

078−325−0222

神戸市中央区明石町31−1

TESTA神戸旧居留地3階

Follow me!

次の記事

新しい学び方