おはようございます、オガワです。

全国的な大寒波の報道を見ていると、ついつい肩に力が入ってしまいますね。

 

患者さんとの会話のスタートは年始以来、

ついつい、 「今日も寒いですね〜」 からになっています。(笑)

 

さて、

旧居留地歯科では、年始に歯科用CTを導入いたしました。

 

 

CTスキャン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CTスキャン画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯科用CTって何でしょう?

 

従来の歯科用レントゲン撮影(二次元)に比べて、

CT撮影(三次元)をおこなうと

今まで見えていなかったものを映し出すことが可能になります。
つまり、
歯、歯根、歯の周囲骨、顎の関節などの状態を鮮明に確認することができます。

 

その恩恵を生かして、

 

「より精密な診査、診断をおこない、最適な治療方法を選択できる」

 

ことになります。

 

このCT画像を元に、今までよりも

 

質の高い診断による治療を推し進めていきたいと思います。