ジルコニアとは?

こんにちは、オガワです。

ここ数回は、セラミックについて少し書きました。

今回は、ジルコニアについて少し書いてみようと思います。

ジルコニアとは、

歯に詰めるものや被せるものの材料になります。

特徴としては、以下のことがいえると思います。

  • セラミックの一種である
  • 金属に匹敵するくらいの強度があり、セラミックよりも丈夫である
  • 体に対してアレルギーの原因にほぼならない
  • 奥歯の被せ物にも適応である

このジルコニアは前歯などの審美的な治療に対応できるだけでなく

力のかかる奥歯にも使用できるので、セラミックよりも適応範囲が増えます。

もう少し例えると、

ジルコニアの色はピアノの鍵盤のように真っ白になりますので、

そのままはの被せ物に利用しますと「色がうく」状態になります。

そのため、ジルコニアの表面に「ステイニング」といって歯科技工士が色をつけることをおこない

既存の歯の色になじませていきます。

 

このようなジルコニアの治療については、今後も取り上げていきたいと思います。

 

旧居留地歯科

078−325−0222

神戸市中央区明石町31−1 TESTA神戸旧居留地3階

Follow me!