前歯を治したい!

ご紹介により大阪府から来院された患者さんです。

 患者さんは20代の女性で、

昔から 「前歯の隙間を治したい」 と思い続けていたとのことです。

 

下にある写真を見るとわかりますが、上の中央の歯の間に隙間があります。

一般的に ”すきっ歯” と呼ばれています。

ラミネートベニア治療前

ここでの治療方法は、

1、セラミッククラウンによるもの

2、ラミネートベニアによるもの

3、コンポジットレジン(歯科用樹脂)修復によるもの

4、矯正治療によるもの

の4つがあります。

その4つにはそれぞれ一長一短ありますので、初日にカウンセリングを十分させてもらいました。

そこで、ラミネートベニアによる治療方法を選択されました。

どうやらご自分で色々と調べておられたようです。

では、

今回の治療の流れについて簡単に少しまとめてみましょう。

<DAY 1=初診日>

カウンセリングをおこない治療方法の決定をおこない、

現在のお口や顔とのバランスなどを写真撮影し、参考用に歯型も取りました。

このいただいた資料を元に、私と歯科技工士で機能的、審美的な診断をおこない次回の型取りに向けた話し合いをおこないました。

<DAY 2>

患者さんの現在のお口の審美的な診断を説明し、セラミックラミネートベニアでの治療方法を再度確認しました。

その後、2本の中央の歯を少しだけ削りまして型取りをおこない、

歯の色を歯科技工士に確認してもらい終えました。

<DAY 3>

歯科技工士が作製したラミネートベニアを歯の上にのせて患者さんに確認してもらいました。

その後、専用のセメントを用いて接着しました。

<DAY 4>

噛み合わせやメインテナンスのやり方などをチェックをし定期検診へ移行しました。

 

今回は、患者さんの治療後の笑顔の変化を見て、感想も聞くことができましたので一安心でした。

また初診日よりも前に地元の歯科医院でクリーニングを終了していましたので素早く治療に移行できました。

しかし、

歯科医院への来院がお久しぶりの方であれば先にクリーニングをおこなう場合もありますし、

治療範囲により治療期間は大きく変わりますので、

カウンセリングには十分に時間をかけさせていただいています。

 

最後に治療のまとめを提示しておきますのでご参考にしてください。

ラミネートベニア治療前 ラミネートベニア治療後

治療内容:上顎左右1番 セラミックラミネートベニア修復

治療費用:¥240000+税

治療期間:1ヶ月

 

旧居留地歯科

078−325−0222

神戸市中央区明石町31−1 TESTA神戸旧居留地3階

 

Follow me!

前の記事

お盆休み