こんにちわ。衛生士のコウダです。

連日猛暑続きで暑いですね!

私事ですが、妊娠6ヶ月に入りました!

妊娠中は虫歯ができやすい環境になることが多いです。

ホルモンのバランスが大きく変化し、唾液が減ることで歯垢がつきやすくなります。

また、普段出来ていた歯磨きもつわりで、十分に出来ない時期が続くだけでなく、食べづわりの場合は間食・食事の回数が増えてしまう人もいます。

その他、歯茎にもトラブルが…。

現に私も、普段歯磨きをしていて、出血することはほとんどなかったはずなのに、妊婦になるとなぜか出血しやすい歯茎になっています。

つわりによる歯磨き不足に加え、女性ホルモンが増える事で歯周病の原因菌が増え、歯茎の炎症が起きやすくなるからです。

また、重度の歯周病は早産の原因になる可能性があることをご存知でしょうか?

まさかと思うかもしれませんが、重度の歯周病を患っているお母さんは、健康なお母さんと比べ約7倍も早産や低体重児を産むリスクがあるとの研究報告もあります。

当院では、神戸市の妊婦検診も行ってます。

安心して、出産・育児を迎える為にもしっかりと自分のお口の状況を把握して虫歯や歯周病など早期に発見して治療していくことをお勧めします。

妊婦さんであっても、体調が良いなら治療も可能ですので、ぜひご相談ください。