第37回日本顎咬合学会学術大会に参加してきました。

こんにちは、オガワです。
去る6/22(土)23(日)に第37回日本顎咬合学会 学術大会に参加してきました。

第37回日本顎咬合学会 学術大会

毎年有楽町の東京国際フォーラムにて行われています。

今年はラグビーワールドカップが行われる年ですので、公開フォーラムも開催していました。

さて、多くの会場で色々な講演を聞いていましたが、

歯科界にも大きなデジタル化の波がここ数年強く押し寄せています。

金属やセラミックなどの被せ物や詰め物を用いて治療する場合、

歯科医師が歯を削って形を整えてから型取りしていましたが、

これから先は、

型取りをせずにお口の中を専用のカメラでスキャンして

金属やセラミックを製作していく時代に近づいていきます。

このことは9月に詳しくセミナー学んできますので

後ほどブログで紹介したいと思います。

土曜日の診療を休診して学会に参加していますが

日常臨床に活かせる学びをしてきたと思います。

より詳しく説明し、より安全、より精密な治療を心がけていきたいと思います。

東京国際フォーラム

東京国際フォーラムは素敵な建築物で有名なところです。

その雰囲気をがわかる?かもしれないワンショットを。。。

旧居留地歯科

078−325−0222

神戸市中央区明石町31−1 TESTA神戸旧居留地3F

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × two =

前の記事

開院8周年!

次の記事

お盆休み