おはようございます、オガワです。

ここ最近暑い日々が続いています、春らしい季節はどこにいってしまったのでしょうか?

そんな中、

旧居留地歯科では今年もサクラが開花しました。

スタッフが春以外の季節もコツコツと育てた結果です。

なんか癒されますね〜笑

さて、

旧居留地歯科にとって、今日は開院してちょうど8年の日になります。

2011年の開院以来、多くの方がいろんな気持ちを持って来院されました。

個人の価値観の多様性に伴い、

歯科医院の役割も変化してきているように思います。

従来の

歯が痛いので治療するところ

から

お口のメインテナンスを通じて全身の健康を考えるところ

へと

ほんの少しずつ移行してきているように思います。

 

簡単にいうと

自分のお口を大事に思う人

が増えてきたように思います。

 

旧居留地歯科では、

来院された方の ”要望” ”ライフスタイル” を考慮して ”治療のゴール” を提案しています。

まさにフルオーダメイドの考え方です。

また、

歯科の世界も色々とアップデートしています。

その流れを取り入れて、

医院も変化させ、進化させていきたいと考えています。

 

下のサクラのように、

小さくともしっかりした物を咲かせていきたいと思います。

今後とも

旧居留地歯科をよろしくお願い致します。

 

最後に、

旧居留地歯科に関係する業界の方々、

学会や勉強会でご一緒する先輩、後輩の歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手の方々、

卒業していったスタッフ、

そして

毎日多くの時間を共有するスタッフ

に深謝したいと思います。

「いつもありがとうございます!」

 

旧居留地歯科

院長 尾川貴規

 

 

旧居留地歯科

078−325−0222

top

神戸市中央区明石町31-1 TESTA神戸旧居留地3F