定期検診(メンテナンス)について

こんにちは、オガワです。

ここ最近は、日差しがキツイ日が続いていますので、

みなさん、水分補給や体調管理にご注意ください。

さて、

歯の定期検診(=メンテナンス)のお話です。

神戸市では、40歳、50歳、60歳、75歳での歯科検診が無料で受けられます。

当院でも検診用紙を持っていただければ、無料でおこなっています。

行政が歯科検診に取り組むには理由があると思います。

それは、

定期的に歯科検診を受けておられる方は、

全身の状態が良く健康寿命が長いということです。

また、

多くの感染症に対してもかかりにくいということが挙げられます。

ここで、

歯科医院へ通う理由の第一位は何でしょう?

もちろん、「歯や歯茎が痛いから」です。

ということは、

歯科検診を定期的に受けるという考え方がまだまだ定着していないということです。

当院では、

患者さんが初めてこられたときから

治療が終わるまでの間に、歯に関することを多く説明します。

虫歯、歯周病、歯ぎしり、セラミックの被せ物、親知らずのこと、、、など多岐に渡ります。

その中で、最終日には定期検診(=メンテナンス)についてお時間を取り説明させていただいています。

「治療後のいい状態」をいかにキープするかは、今後のメンテナンスにかかっています。

ということです。

口で伝えるのは簡単ですが、患者さんに伝わっているかは難しい点ですが、

開業以来、伝え方はアップデートしています。

この先もアップデートを積み重ね、

歯科に来院する動機の一位に

「歯科検診を受けるため」と早くなればいいなと思います。

しばらく歯科に行かれていない方は、歯科検診をぜひオススメします。

 

 

旧居留地歯科

078−325−0222

神戸市中央区明石町31−1 TESTA神戸旧居留地3階

Follow me!